がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

緩和ケア

緩和ケアとは

緩和ケアとは、がんになって生じた心とからだの苦痛をやわらげ、QOL(生活の質)の改善を目的とした治療のことです。がん患者さんだけでなく、ご家族に対してもおこなわれます。

がん治療と緩和ケアの割合

緩和ケアの内容

がんの緩和ケアは、痛みなどの症状を和らげる緩和的治療をはじめとして、がん治療で生じる副作用への対応、栄養管理、ターミナルケア、そして治療の全期間を通しての心のケアなど多岐にわたります。

早期からの緩和ケアの有用性

早期からの緩和ケアの有用性は、2010年に転移のある非小細胞性肺がんの患者さんを対象にした臨床試験にて調査されました。その結果、早期(診断の直後)に緩和ケアがおこなわれた患者さんのグループでは、QOLや不安、抑うつ症状の改善のほか、生存期間が延びたことで大きく注目されました。
のちに類似した臨床試験がいくつもおこなわれ、早期からの緩和ケアは、抑うつや生存期間の改善については科学的根拠が不十分とされましたが、QOLの改善効果はあるとされています。

緩和ケアの提供者

がん診療連携拠点病院には、すべて緩和ケアチームが設けられています。チームのメンバーは、医師、看護師、薬剤師、公認心理師、栄養士、理学療法士といった多職種で構成されており、それぞれの視点から連携して緩和ケアをおこないます。

がん治療における緩和的治療

症状を和らげる目的で手術や放射線療法がおこなわれることがあります。これらを「緩和的治療」とよび、がんの治癒を目指す「根治的治療」とは区別されます。

各治療法の緩和的治療の例

治療法 手術療法 放射線療法
緩和的治療

苦痛の軽減やQOLの改善を目指して、がんを部分的に取り除いたり、人工肛門をつくります。

緩和的治療

骨転移による痛みや、脊髄の圧迫による手のしびれなどの苦痛を和らげるため、苦痛の原因になっている部位に放射線を照射します。

放射線療法

参考)中根 実ほか : がん看護学, 医学書院, 2019.
西智 弘:Cancer Board Square. 2019. 5(1): 32-6.
Temel JS. et al.: N Engl J Med. 2010. 363(8): 733-42.

監修:国立がん研究センター がん対策情報センター

2019年12月掲載

皆さんからの体験談

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

生活や仕事、コミュニケーションなどに関する
お悩みを募集しています詳しくはこちら