がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

コミュニケーションギャップの例
〜先進医療〜

コミュニケーションギャップの例〜先進医療〜 コミュニケーションギャップの例〜先進医療〜

気になる先進医療のこと

進歩し続けているがん治療の話題のなかでも、先進医療と聞くと、最先端で効果に優れているというイメージがあるのではないでしょうか。そして、多少のお金がかかってもその治療にかけてみたいという患者さんもいらっしゃるでしょう。
先進医療とは、まだ有効性・安全性などの評価が定まっていない新しい医療技術のうち、これから保険適用の対象にするかどうかの評価をおこなう医療技術として、厚生労働省が指定したものです。
現時点では十分な有効性や安全性などの情報が得られていない治療のため、高度な技術レベル・施設基準を満たすと認められた医療機関だけが実施しています。誰でも受けることができるわけではなく、患者さんが希望し、かつ医師がその必要性と合理性を認めた場合のみに限られています。先進医療の費用は高度な技術を用いるため高額となり、さらに健康保険が適用されないため、患者さんが高額の費用の全額を自己負担する必要があります。ただし、同時に受ける診断、検査、投薬などを含む治療には健康保険が適用されます(混合診療)。
生命保険会社が設定している医療保険の「先進医療特約」は、この高額な医療費負担をサポートすることを目的としています。

先進医療と最新治療はどう違うのか

現在、一般的におこなわれているがん治療は、多くの患者さんが参加した臨床試験で効果と安全性が検討された「科学的根拠がある」治療として健康保険が適用されています。
一方で、「最新治療」とうたわれている治療では、科学的根拠に基づいた治療とは言えないものも多く存在します。先進医療とは、新しい治療方法のなかでもあくまでも国が指定した高度な医療技術のみを指します。厚生労働省のホームページには、89種類の先進医療技術の名前と概要が公開されています(2019年7月1日現在)。先進医療は、ちまたに溢れる最新治療より、厳格な管理がおこなわれています。しかし、先進医療として指定されているからといって、新しい標準治療になるとは限らないので、注意が必要です。

医師にあなたの希望を知ってもらうことが大事

医師は有効性や安全性の確立している標準治療を最初におすすめします。しかし、患者さんの希望を大切にして患者さんと一緒に治療法を決定したいと考えています。治療法について悩んだときは、あなたが治療に何を求めているかを医師に話して相談してみましょう。あなたの希望を整理するときに、「わたしらしいがん治療ノート」が役に立ちます。医師と話し合い、デメリットも十分理解したうえで、先進医療を希望されるときには、以下の情報も参考にしてみてください。

先進医療を受けることができる施設の情報はこちら
先進医療についてもっと詳しく聞きたいときに相談できる場所はこちら

参考)厚生労働省 先進医療制度の概要
国立がん研究センター がん情報サービス 用語集「先進医療」ganjoho

監修:国立がん研究センター がん対策情報センター

2019年9月掲載

皆さんからの体験談

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

生活や仕事、コミュニケーションなどに関する
お悩みを募集しています詳しくはこちら