がんになっても -がんの治療を、その人「らしい」生活のなかで。-

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

相談できる窓口

がんと診断されてから、またはがんかもしれないと思ったときから、治療のこと、家族のこと、仕事のことなど、さまざまな悩みが出てきて不安になったことでしょう。
でも、自分ひとりだけでその悩みや不安を抱える必要はありません。あなたのがん治療チームには、医療のことだけでなく生活の悩みも相談できる窓口があります。

あなたのがん治療チームにはたくさんのメンバーがいます。それは、一人ひとりがその分野の専門家だからです。専門家が集まって、それぞれの得意な分野であなたの治療をサポートします。また、同じ相談内容でも、あなたが病院を受診しているか、医師から診断を受けて告知されているか、治療方針が決まっているか、治療のどの段階なのかによって、相談する窓口が変わります。
まずは、治療段階別にどんな窓口があるのかを知りましょう。

以下の「治療段階別 相談できる窓口」をクリックすると、それぞれの窓口の役割や得意な分野が表示されます。その説明をみて、あなたの悩みや不安について答えをくれそうな専門家や、あなたの悩みや不安を解決できる専門家につないでくれる相談窓口はどこかを考えてみましょう。

でも、「それでも誰に相談すればいいのかわからない!」ということもきっとあるでしょう。そんなときは、医師か看護師またはがん相談支援センターのスタッフに、どこに相談すればいいのか知りたいと伝えましょう。その分野の専門家につないでくれるはずです。

医師

がんの種類や進行度を診断したり、治療方針を決めたりすることなどが専門分野です。あなたの病気のことや治療方針について、一番詳しいのはあなたを担当する医師ですが、あなたがどの治療をおこなうかによって、担当する医師も変わります。

医師

外来担当医

最初に病院を受診してがんと診断され、告知を受けるまでの間に、あなたの症状を相談する窓口は、外来担当医になります。外来担当医は、診断の手がかりを得るために、あなたのからだの状態や症状、現在までにかかったことのある病気、家族や血縁者がかかったことのある病気、あなたの生活習慣に関わることを詳しく聞きます。その後、より詳しい情報を得るための検査をして、これらの情報をもとにがんの診断をおこなっています。がんの診断後、病気の状態を患者さんやご家族に最初に伝える役割を担っています。がんの告知を受けるまでに体調のことで不安なことがあれば、外来担当医に相談しましょう。

主治医

治療方針決定後、あなたの治療を中心となって受け持つ医師です。告知を受けるまで外来担当医に相談していた体調のことをはじめ、治療に関わることは、最初に主治医に相談しましょう。病院によってはひとりではなく、複数の医師がグループで主治医となることもあります。原発巣(最初にがんが発生した病変)のがん治療を担当する医師が主治医となることが多いようです。また、がんの治療で不安が強く緩和ケアが必要な場合や、治療の副作用に対して専門家が対処すべきときなど、主治医に相談することで、最適な窓口を紹介してくれます。

症状に応じた他科の医師

がんの治療中は、副作用などで体調の変化を感じることがあります。症状や病態によっては、主治医から紹介された他の診療科の医師の診察や治療を受けることもあります。

緩和ケアチーム

病気や治療に伴って生じる症状や心の不安を和らげることが役割です。患者さんの生活の質を高めるための対処をおこなってくれます。緩和ケアチームには、からだの痛みをとる専門家、心の痛みをとる専門家、生活上の心配ごとに対応してくれる専門家が所属しています。がんと診断されたときから治療段階に関係なく利用できます。

看護師

いつもとなんとなく体調が違うため、受診すべきかどうか悩んだときや生活上での疑問など、主治医に相談しづらいことは看護師に話をしましょう。あなたが入院治療中なら病棟担当看護師に、通院している場合は外来担当看護師に相談してみるとよいでしょう。
また、病院によっては、「看護師外来」が開設され、いつでも気軽に相談ができる体制が整備されているところもあります。

看護師

病棟担当看護師

入院治療中の患者さんの看護を24時間体制でおこないます。食事、入浴、排せつの補助をはじめとした患者さんの身のまわりのお世話や、患者さんの体調の確認、カルテ記入などをおこなってくれます。そのほか、日々患者さんとコミュニケーションをとることで、患者さんの体調の変化や精神的な不安などを把握して、医師をはじめとしたがん治療チームのメンバーにあなたの状態を伝える役割を担っています。入院中に気になることがあれば、病棟担当看護師に相談してみましょう。

外来担当看護師

食事や入浴、排せつといった日常生活や、副作用による脱毛のケアやスキンケアなどの困りごと、心配ごとを相談できます。通院の場合、患者さんと話ができる機会は限られてしまいますが、副作用の状況や現在の生活状況、不安に思っていることなどの話を聞いて、患者さんの相談にのってくれます。また、患者さんのお話をふまえて、今後生じる可能性のある問題点などを予測し、医師をはじめとしたチームメンバーにあなたの状況を伝えてくれる存在です。

がん相談支援センター

全国のがん診療連携拠点病院、小児がん拠点病院、地域がん診療病院に設置されている、がんに関する相談窓口です。別の病院にかかっているがん患者さんでも、ご家族のみでも無料で相談することができます(病院により名称が異なる場合があります)。また、病院や主治医がまだ決まっていない患者さんの相談も受け付けています。がんに関して知りたいこと、尋ねたいことがあれば、遠慮することなく、相談してみましょう。がん相談支援センターの窓口のある病院は、がん情報サービス 「がん相談支援センターを探す」ganjohoで調べることができます。

会社

がんと診断されたからといって、治療に専念するために退職しなければならないということはありません。がんと診断されて今後の治療が決まったら、まずは上司に相談しましょう。上司から人事や総務に所属する労務担当者につないでもらうことで適切なサポートを受けることができます。
また、会社に相談するときには、これまで通り働き続けることを希望するのか、一旦、休職したのちに復帰したいのか、治療にはどのくらいの期間がかかるのか、今後の治療スケジュールや回復の見込みについて伝えましょう。また、起こり得る副作用と会社に配慮してほしいことがあれば伝えておくことをおすすめします。休職する場合は、休職中も会社との連絡が取れるよう、窓口になる担当者を確認しておきましょう。

ピアサポート

同じ病気を経験した患者さんが集まってお互いに経験を共有し、相互支援を目的としています。「自分と同じような立場の人に相談したい」、「ほかの人はこんなときどうしているんだろう」といった思いがあるときに、患者サロンや患者会に参加してみるとよいでしょう。治療のこと、生活のこと、気持ちのことを一緒に悩みながら、さまざまな形で継続的に互いに支えあい(ピアサポート)ます。また、医療者と患者さんの間のギャップを埋める役割も期待されています。患者会や患者サロンに関する基本的な情報(目的、設立年、代表者名、連絡先、対象となるがんの種類、主な活動内容、活動地域、会員数、年会費など)は、書籍や雑誌、インターネットで調べられます。また、お住まいの近くのがん診療連携拠点病院のがん相談支援センターに問い合わせると、地域の患者会の情報が得られることがあります。

患者会がない地域に住んでいる人は、がん診療連携拠点病院のなかに患者や家族が集える場があるか、がん相談支援センターに問い合わせてみるとよいでしょう。

監修:国立がん研究センター がん対策情報センター

2019年8月掲載

皆さんからの体験談

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

生活や仕事、コミュニケーションなどに関する
お悩みを募集しています詳しくはこちら