アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

肺がん

患者

肺がん 47歳 男性 会社員

平成18年8月左上葉摘出手術してからもう少しで2年と思ってた今年4月頃から胸痛があり、診察してもらってたけれどレントゲンでは異常がないとのことでしばらく様子見、しかし痛みが引かず腫瘍マーカの検査をするとかなり上昇していたので、骨シンチグラフィ、PET検査すると胸骨に転移!1回目のショック。
放射線治療・化学療法(4クール)は副作用に悩まされましたが、なんとか終了。ただ3クール目中に下腹部、頭部のMRI検査で、頭になんと転移が、2回目のショックでした。
すぐにガンマナイフ治療を行い、今は自宅療養しています。そして仕事復帰目指して体力づくりに散歩など、いつまでも落ち込んでても仕方ないから、皆さんの頑張ってる様子を読みながら自分だけじゃないし。と勇気づけられて頑張ってます。

勇気づけられた言葉、場面

今回入院中に母親から、落ち込んでる自分に、頑張って治療してるんやし、元気になって長生きしてや。って言われた時に頑張らないと親不孝やなと、だから前向きに生きないといけないと!

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただける掲示板です

詳しくはこちら