アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

胃がん

患者

胃がん 43歳 女性 主婦

今回で3度目のがん告知(子宮頸がん・乳がん・そして胃がん)でした。
覚悟はしていましたが、今回は手術が出来ない!と告げられて、ホントに辛い思いをしました。
程なくして、抗がん剤治療が始まり、薬の高額さにビックリ!!
後ろ向きな気持ちじゃ、高価な薬も効くはずが無い!と、その日から、前向きに病気と向き合う事にしました。
まだ、治療の途中ですが、体重も増え始め、常に痛かった胃も痛みを感じなくなるまでになりました。

勇気づけられた言葉、場面

自分の病気だけど、周りにいる主人・兄妹・両親・友人、みんなが心配し、少しでも体に良い物を!と、気を使ってくれた事でしょうか?具体的な言葉は無いけど、それだけに私の心に伝わってくるものがあり、みんなの為にも、頑張らないと!って思えました。

辛く、苦しいのは私1人じゃないんだ!って感じましたし…。

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら