アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

子宮がん

患者

子宮がん 46歳 女性 

2004年9月何もわからないまま医師の説明のままに手術。
少し腕の動きがしにくくなる。説明は受けたと思うけどその時点では知識が無かったので、またすぐに仕事も出来ると考えていた。母子3人でつつましく暮らしていた。自分の体が思うように動かない。少し動きにくいどころではないぞ。医療費もかさむ。テレビで見たがん患者は毎月10万だか20万だかを使うという。私にはそんなお金はありません。今の治療もいつまで受けれるか。高額医療費制度もあるけれど、自己負担さえきついのに。さらなる治療が必要になれば私は、私の命より子供たちの生活を選ぶと思う。

勇気づけられた言葉、場面

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら