アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

子宮がん

患者

子宮がん 41歳 女性 主婦

町の定期検診で異常が見つかり、紹介状と共に検査結果が送付されてきました。その時点ではがんの確率が高いと言うことがわかり、ショックが大きかったです。下の子どもはまだ2歳で、手術ということになれば、実家が遠い上、親も働いていて子どもを預けられず、どうしようかと毎日、思案に暮れました。このまま、この子どもを残して・・・・と悪い方へ考えて、食事をしても、ストレスで体重は減っていきました。インターネットや図書館の本を読みあさり、良い病院や治療法についての情報ばかり探していました。

勇気づけられた言葉、場面

病院の先生に、「重度だったら本人にこの場では話さないんだよ。ここで話せるくらい、軽いものだから、安心しなさい」と言われたこと。

-精密検査の結果を聞きに行った時、病院の先生に。

投稿時 :
 がんと診断されてから治療開始まで 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら