アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

肺がん

家族

肺がん 45歳 女性 その他

告知前、ちゃんと家族の指摘を聞いて受診をして欲しかった。先ず、早期受診が一番だと思う。うちの場合は、Vb期だったので・・・。治療中は副作用で辛かったと思うがよく頑張って耐えてくれたと思う。治療終了後は、積極的に体を動かすようになり、前向きになって良かった。

勇気づけられた言葉、場面

病棟に付きそう看護師さんがうちの病院は沢山治療している患者さんがいるし、大丈夫よ〜とあかるく言ってくれたのが、本当に気が楽になった。いつも笑顔で接してくれた看護師さんや、医療スタッフには感謝です。笑顔が一番。隣のベッドで何度も治療を繰り返している人。主人が何も食べないでいたら、食わなきゃだめだ!とお菓子を手渡してくれた。私の知人達は、無農薬野菜や、色んながん治療の資料などを届けてくれた。周りの人の温かさにも感謝している。

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら