アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

胃がん

患者

胃がん 33歳 女性 主婦

2017年7月、深夜に突然大量の吐血をし、救急車で搬送されました。スキルス性胃がんと診断され、胃を全摘、再発予防の抗がん剤治療をおこないました。1年後に腹膜播種の疑いと診断され、余命1年と告知されました。現在は抗がん剤やその他の治療法を模索しています。

勇気づけられた言葉、場面

胃がんと診断された頃、婚約中だった姉の結婚式が1年後に控えていました。きっと出席できない、もしかしたらこの世にいないかも、とさえ考えていました。

抗がん剤治療のきつい副作用に耐え、家族の支えもあり、2018年8月、元気な姿で姉の結婚式に出席することができました。

そのあとすぐにがんが再発してしまいました。今後何らかの治療をおこなうことでめげること、つらい副作用などがあるかとは思いますが、生きる歓びを感じるために、まだまだ闘っていきます。

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら