アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

悪性リンパ腫

患者

悪性リンパ腫 42歳 女性 会社員

41年間、病気とは無縁の私でした。
今年初めて健康診断で再検査となり、胃カメラをしました。
腫瘍と思われたのは以前罹った胃潰瘍の跡。
でも萎縮性胃炎があり、その部分を生検に出しました。
その結果、maltリンパ腫でした。
低悪性がんである事、深刻な状況にはなってない事。不幸中の幸いが重なりましたが、やはりショックは大きかったです。
子どもはまだ小学生で、1番思い浮かぶのはそこでした。
そして、とにかく検査が多い上、思っていた以上に検査費もかかる。病気になったらこんなにお金が掛かるんだとビックリしました。

勇気づけられた言葉、場面

まず、主人が前向き人間なので、励まされました。
通院での検査が多く、入院して出るような保険は一切該当しませんでしたが、重大疾病の一時金がある保険に加入していたので安心して検査を受けることができました。

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら