アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

大腸・直腸がん

患者

大腸・直腸がん 74歳 男性 その他

66歳時に直腸がんステージ3a、膀胱浸潤と診断され、直腸、膀胱全摘、周囲(前立腺、精嚢、盲腸)摘出。12時間の消化器、泌尿器の合同手術でしたが、幸運にも人工肛門、人工膀胱にならず、排便、排尿ともふつうにできる状態。現在術後8年目を迎えています。ゴルフに、船釣り、飲み会も便をコントロールしながらですが楽しんでいます。普通より頻尿、頻便はがまんです!
現在は6カ月ごとのCT、血液検査、追跡検査実施中。74歳頑張っています。

勇気づけられた言葉、場面

投稿時 :
 がんの治療を終了 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら