アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

肺がん

家族

肺がん 32歳 女性 会社員

父が肺がんになり、ステージWでした。息苦しくなっていたり、変な咳をし出した時に、もっと早く病院に行くように、促していれば良かったと思います。
病気を通じて、今まで反抗的だった態度も改めたり、家族の為、苦手な運転も、練習するようになりました。
そして、何気ない日常の中に幸せな事が詰まっていたんだなと感じるようになりました。
両親がいて当たり前だと思っていましたが、入院し、父の存在の大きさに気づきました。

勇気づけられた言葉、場面

親ががんを経験した事がある看護師さんの言葉でした。『抗がん剤を打って毛が抜けても生えてくるよ、大丈夫。だから、たまには息抜きして、共倒れだけはしないでね』。大丈夫という言葉が、とても安心させてくれました。
先の事を考えて不安になるのなら、あまり考えこまない様にし、目の前のことだけに集中するようにすると、気持ちが少し楽になりました。
不安の8割くらいは、取り越し苦労だと聞いた事があります。
泣きたい時は泣いて、がまんをしないのも大切です。気持ちを切り替えて、音楽を聞いたり、散歩したり、短い時間でもリフレッシュし、頑張りすぎない様にする事も大切です。

投稿時 :
 がんの治療を終了 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら