アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

大腸・直腸がん

患者

大腸・直腸がん 69歳 女性 主婦

2019年のお正月にお腹の痛みで救急で運ばれました。かかりつけの病院で検査することを勧められて内視鏡検査を受けた結果大腸がんの疑いがあり、改めて救急で運ばれた病院を紹介され大腸がんステージWと告知されました。家族全員が大腸がんで亡くなったのですごく冷静に準備をしていました。4月に手術を受けた際、肺がんも見つかりました。後は抗がん剤のお世話になっております。今は副作用の手足のしびれと戦っています。世界一明るいがん患者を目指しています。

勇気づけられた言葉、場面

励みになったのは優しい先生、看護婦さんになんでも相談出来ることです。優しく微笑んで、たまにしびれている手を握ってくれる、それだけで頑張れます。あと、家族の助けもありがたいです。

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら