アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

胃がん

患者

胃がん 63歳 男性 その他

2004年6月
胃がんで摘出手術
私は、定期検診で発見されました。定期検診は大事です。

最初ステージTで経過観察 その後内視鏡で手術するも取りきれなかったので、胃の2/3とリンパ節の摘出手術を受け、3週間の入院後完治。
手術前と何ら変わらない生活ですが、初めはダンピングに悩まされ、車の運転中になったときはあせりました。今でも、食べても太らないし、急におなかがすいて血糖値が下がることがあります。
また、結石ができやすくなり、胆のう結石がたくさんできています。当時は一緒に胆のう摘出するのが一般的でなかったので、今検討中です。

勇気づけられた言葉、場面

投稿時 :
 がんの治療を終了 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら