アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

食道がん

患者

食道がん 75歳 男性 その他

2020年4月中旬頃、物を食べると喉元で止まり胃まで届かず戻る現象があらわれ、ネットで調べて逆流性食道炎ではないかと思い、GW後の5月8日にかかりつけの病院の内科を受診しました。
当日に内視鏡検査を受けました。先生が診察室に入った直後画像を観て、顔色が悪くなりすぐ外科に回って下さいと言われ、がんかもしれないと直感でおもいました。外科で13日に入院予約を入れますので入院して下さいとつげられてその日は帰宅。
入院し、CT検査、午後からは抗がん剤治療を受け、1日10本の点滴。5日間連続の投与が終わり、その間、副作用はありませんでしたが、血液検査で異常がみられ、退院は一時延期。その後回復、経過観察をしながら点滴治療を継続。現在は発熱、下痢等の副作用もなくベッドですごしている75歳になる男性です。
がんを発症するとは思ってもいなかったですが、75歳と言う歳ですから覚悟は決まっています。ただ、終活をどうしたらいいのか回答が自分自身で答えが出ません。

勇気づけられた言葉、場面

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら