アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

肺がん

患者

肺がん 63歳 男性 

4年前に健康診断で肺に異常ありと検診センターから直接電話があった。すぐに近くの市民病院を受診、CT、PET、気管支鏡、MRIの検査を経てステージTB確定宣告、その瞬間は頭が真っ白になった気がする。元々COPDの持病があり、手術は区域切除に決定し、施術。リンパ節転移もなかったことから、その他の治療はなし。
10日ほどで退院、およそ1カ月間は痛みとの闘いで鎮痛剤を離せず。仕事復帰は年齢的なこともあり3カ月休職、現在再雇用就業中。このわがままを何も言わずに許してくれた会社及び上司に感謝したい。現在は3カ月毎の定期検診通院中です。

勇気づけられた言葉、場面

手術して頂いた先生方、サポートして頂いた看護師の方々、全てが励みになりました。ありがとうございました。

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら