アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

子宮がん

患者

子宮がん 33歳 女性 会社員

つい1週間前の事です。
腹部にチクチクと痛みが有り、薄ピンクのオリモノがありました。(あれ?生理は先週終わったのに…)
婦人科系の病気の治療経験がある友人に相談すると、受診と検査を勧められ、翌日、仕事終わりに婦人科を受診しました。
エコーでの内診で先生が一言「がんだね」。その後検査のために、細胞を採取しました。
私はパニックになった自分を落ち着けながら、先生の声に淡々と返事をしました。
診察室に戻ってからも、先生から「がんだね。子宮がん。他に移ってないと良いんだけどね。」「うちでは手術は難しいと思うから、検査結果出しだい、紹介状書くから。がんセンターに行って下さい」
現在は、抗生剤と痛み止めを処方され、検査結果待ちです。

勇気づけられた言葉、場面

私の様子がおかしいと気がついた、私の想い人から言われた言葉です。
「泣きたかったら、泣けばいい」「こわがるな。決定じゃ無い。」
「もし、がんであっても…こわがるな。受け止めろ。こわがるな。お前の方がこわいから。」
好きな人の言葉って、凄いパワーだと思いました。その他、友人からも親からも、パワーをもらっています。

投稿時 :
 がんの疑いがある 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら