アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

肺がん

患者

肺がん 63歳 女性 会社員

2年前、2.8センチの肺がんが見つかり、手術と抗がん剤治療を受けました。両親と兄をがんで亡くしているので、その時はそんなにショックを受けませんでした。“来たか”って感じでした。
抗がん剤の副作用で聴力が衰え、耳鳴りが続き、静寂と言う言葉もなくしました。
今は、定期的に経過観察の為に病院へ通っています。腫瘍マーカーやレントゲン検査の結果を聞くまでは、毎回不安です。体調に変化を感じても、不安です。

勇気づけられた言葉、場面

亡くなった父はよく、「心配しても意味がない。なるようにしかならないのだから」と言っていました。時々、口に出して言っています。

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら