アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

大腸・直腸がん

患者

大腸・直腸がん 32歳 男性 会社員

31歳の冬、血便と頻尿が自覚症状としてあり、クリニックを受診。進行性の直腸がんと診断されました。県立がんセンターにて生検し、ステージIIICと確定診断され、半年間の抗がん剤治療をおこないました。(一時的にストーマも造設しました。)抗がん剤治療中は、とにかく吐き気との戦いでした。ご飯が食べれず、体重も10キロ減となりました。
現在は抗がん剤の副作用で手足症候群が発症。手足の感覚が鈍く、細かい作業が出来ない状況です。また、排便障害もあり、トイレが頻回になっているのがつらいです。第二子もこれから考えてますが、再発などの不安もあり、妻と相談しながら日々送っています。

勇気づけられた言葉、場面

妻の懸命な看護と、娘(3歳)の存在。
会社の人からシンプルですが、「前を向いていきましょう」という言葉が励みになりました。

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら