アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

子宮がん

患者

子宮がん 60歳 女性 看護師

2021年3月中旬、初めてトイレで排尿後に出血が見られる。次の日も出血が見られ、昨日よりも量が多い。がんかも知れないと思い、病院に受診の予約をした。勤めている病院で血液検査をしてもらった。SCC抗原(扁平上皮がん関連抗原)の数値が高く、検査結果を受診先の病院に持って行き診察した。診察後、子宮頸がんの疑いと診断された。肉眼で分かるくらい進行していた。その日にCTとMRIの予約をしました。パンチで組織を取るまででなく、ポロポロ取れるくらい進行していた。3月下旬の検査結果の診察で、子宮頸がんステージUBと言われ、画像的に少しぼやけて見えてステージVがあやしい感じを自分で感じた。大学病院を希望し紹介状と診察日を予約した。

勇気づけられた言葉、場面

自分が昔、産婦人科に勤めていた事もあり今後の治療方針も理解できた。割と冷静に考えてがんになったのは仕方ないと諦めていた。治療するにも病院を休まなきゃいけない。何日ぐらいかかるのか?すぐに仕事に復帰できるのか?色々調べて自分なり考えて、治療を開始するのは大変だと感じた。

投稿時 :
 がんの診断から治療開始まで 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただける掲示板です

詳しくはこちら