アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

子宮がん

患者

子宮がん 46歳 女性 看護師

私は不正出血があり、市の検診で要検査の結果があり、クリニックで細胞診をしました。 3カ月毎に検査をして中等度異形成、高度異形成の結果で少しずつ進展があり、右の卵巣も腫れているとの事でした。大きな病院で組織診の結果、更に大きく細胞を採取して検査となり結果待ちです。
子宮頸がんの可能性は高いです。色々調べると再発の恐れ、治療と仕事の両立の不安があります。だけど、生きます。 家族、周りの人のために!!

勇気づけられた言葉、場面

検査となり職場の先輩に「ちゃんと検査して治しておいで、また働けるから 仕事の事は気にしなくていいから、ちゃんと検査して貰うこと」と言われました。人手不足でバタバタしている中、親身になって何度も相談にのっていただき感謝してます。不安ですがしっかり治そうと思いました。

投稿時 :
 がんの疑いがある 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただける掲示板です

詳しくはこちら