アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

前立腺がん

患者

前立腺がん 49歳 男性 会社員

2021年1月に針生検の上、前立腺がん確定。グリソンスコアは3+4の7、T2程度との結果で大学病院を紹介いただく。2021年3月末にロボット支援根治的前立腺全摘除術(RARP)実施。病理診断でT3となり、経過観察を継続中。PSA検査の存在を知らなかった勉強不足を後悔するよりも、早期発見で治るがんがあることをひとりでも多くの方へ伝えたい49歳です。

勇気づけられた言葉、場面

決して「がんばれ」とは言わないがん経験者の言葉が、一番励みになりました。健康な方からの「大丈夫」は、申し訳ないのですが逆効果でした。
病状ごとの統計を見て、データを気にしすぎて落ち込む日々は身体に良くないと気づきました。目の前の治療をがんばるだけと、前向きに生き始めたらだいぶ楽になりました。

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただける掲示板です

詳しくはこちら