アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

乳がん

患者

乳がん 53歳 女性 主婦

2013年10月46歳で、乳がんになりました。きっかけは、歩いていて、脇に違和感を、感じたのが始まりでした。乳がんの前に2013年8月に耳下腺腫瘍の手術していて、顔面麻痺が、落ち着いても、脇の腫れはなくならず、お風呂入って胸を触ったらしこりがあり、ドキッとして、病院行きました。すぐ生検し、1週間後に乳がんと診断され、その後の事はなにも覚えてないんです。ただ、早く手術をしたくて、検査をした病院で、診断書を書いてもらい、耳下腺腫瘍でお世話になった病院で手術を受けることにしました。それからは、検査、検査の日々で、12月に手術をおこないました。手術は乳房温存でおこなえました。2014年明けに、全ての結果が出てステージ0でした。乳房温存手術後放射線治療は15回で終わりました。結局脇の違和感は、ただの脂肪でした。私は、全然乳がん検診してなかったことに、後悔してます。少しでも、不安なことあったらすぐに病院行く事を、おすすめします。

勇気づけられた言葉、場面

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただける掲示板です

詳しくはこちら