アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

大腸・直腸がん

家族

大腸・直腸がん 69歳 男性 その他

独り暮らしをしている父がステージVBの大腸がんと告知されました。1年ほど前から下っ腹が痛いといっており、食が細くなってきていました。痛みがそれほどでもなくなってきたので、 そのまま病院にいくこともなく1年近く経っていました。
また同じ場所が痛みが出たので、病院にいくとがんと告知されました。50センチ近く切る大手術をしました。まだ手術をしたばかりで体調も良くなく、退院するまでには時間がかかるそうです。 退院してからの生活、父1人では不安だろうし私も不安で仕方ないです。がんは他人事のように思っていましたが、こうしてがん患者さんのご家族や御本人の声を聞いて、 皆さんの気持ちが痛いほどわかるようになりました。
常にがんが頭の中によぎり、 気持ちも下がるばかりです。
でも、皆さんの声を聞いて自分を励ますようになりました。
がんになんて絶対負けない!と自分を奮い立たせ、父を支えていこうと思います。

勇気づけられた言葉、場面

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただける掲示板です

詳しくはこちら