アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

子宮がん

患者

子宮がん 41歳 女性 会社員

私は町の検診で27歳の時に、経過観察が必要と言われました。その後は3カ月に1度の観察をしていました。31歳の時にがんになりましたが、その後は手術を3回しました。もう少しで10年が過ぎようとしています。

勇気づけられた言葉、場面

もう子供も産めないし別れていいよ。と結婚2年目の時に旦那に伝えました。旦那からは、子供が産めなくても二人で生きていけばいいじゃん。と私に伝えてくれました。この言葉でこの人となら頑張れると思えました。

投稿時 :
 がんの治療を終了し、定期的な検査通院中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただける掲示板です

詳しくはこちら