アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

子宮がん

患者

子宮がん 34歳 女性 看護師

卵巣嚢腫があり、MRIを撮影したところ子宮にポリープがあることがわかりました。不妊治療を開始しようとしていた時期で、ポリープが着床の邪魔になるということで、生検をしたらがんが出てしまいました。子宮体がんの診断でしたが、自覚症状はありませんでした。不妊治療をしようとしていなかったら、MRIを撮っていなかったらポリープが見つからず、がんが見つからなかったかもしれません。
リンチ症候群の可能性もあるとのことで、これからもがんと付き合っていかないといけないですが、目の前の治療に向き合っていきます。

勇気づけられた言葉、場面

夫に病気のことを伝えたら、愚痴はいくらでも聞くよ。一緒に頑張ろうといってもらえたこと。
告知された直後に、耐えきれず同僚に話したとき。仕事のことは気にせずに身体のことを考えてくださいといわれたこと。がんといわれても何も症状がないため、休むことに抵抗を感じていたため、気持ちが楽になりました。

投稿時 :
 がんの診断から治療開始まで 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただける掲示板です

詳しくはこちら