アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がん患者さんとそのご家族が、患者さんご自身にあったがん治療にたどり着いていただくための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

子宮がん

患者

子宮がん 39歳 女性 パート・アルバイト

突然、出血が止まらなくなり、産婦人科にいきました。先生から子宮頸がん検診を受けたことがあるか聞かれました。受けたことがないと答えたところ、念のため検査しましょうかと勧めてくれました。検査結果はがんの一歩手前で手術が必要といわれました。
ここでは手術ができないので、手術ができる病院を紹介してもらいました。手術でがんの手前の部分は取り除いたのですが、隠れていたがんが見つかりました。
隠れていた方のがんについては治療できる病院が限られるので、別の病院を紹介してもらいました。
紹介された病院では、PETという機械に入り、がん細胞が他にないかを調べる検査をおこなうようです。今は、その検査待ちをしている状態です。
どんな結果でも受け入れる覚悟を今は心の準備をしてる状態です。

勇気づけられた言葉、場面

私の場合は、高校生の娘が病院に付き添ってくれました。私は難聴もあるので、娘が先生のお話をしっかりと聞いてくれて、私の手術前の全ての検査をサポートしてくれました。
その行動力を見て、親でありながら頭が下がる思いでした。また優しく育ってくれていて、私が病気しないとわからない一面でした。娘の成長をみることができ、ポジティブに今はがんにも役割があるのね。と思いはじめてきました。
また、いつも家族が必ず側に寄り添ってくれています。旦那、2人の娘、父、母、姉、妹、祖母。そして職場の方々。
体調が悪い時は、その日に仕事を休む連絡を入れたり、迷惑をかけてても気にしない。助けあい。助けあい。といってくれます。そんな人達の思いに報いたいと、今強く思っています。検査結果はどうなるかわからないけれど、この環境にいる事が凄い幸せな事だと思ってます。

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただける掲示板です

詳しくはこちら