アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

乳がん・前立腺がん・肺がんを中心に患者さん・ご家族の体験談、高額療養費制度などの情報を紹介

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

胃がん

家族

胃がん 36歳 女性 

離れて暮らしているので心配かけたくないとのことから入院・手術のこともリアルタイムでは一切知らされておりませんでした。帰省した時に文書や薬等発見しもしや・・・と思っていたので元気になった本人から聞かされたときもそれほどショックではありませんでしたが、その前後から私の体調もおかしくなって病院回り。何か体調がおかしくなるたびにもしやがんでは・・・と思うようになってしまいました。反面、病は気から。いらないことを考えて本当に体がおかしくなってはばかばかしいし、私が健康でいることが親はもとより子供達にも安心を与えると思うようになりました。

勇気づけられた言葉、場面

父自身が病気と前向きに対処しており、現在体重の減少等、胃切除特有の体型になってしまったが、日曜大工をしたり変わらず日常生活を送っております。祖父母も大腸がんを患いましたが現在も元気に暮らしていることが何より励みになります。

-実家に帰省した折、実はがんだった・・・と、本人から聞かされました。

投稿時 :
 がんの治療を終了 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

「自分らしくがんと向き合う皆さんの姿、想い」
「患者さんからご家族への想い」「ご家族から患者さんへの想い」

このようなテーマで皆さまからの
体験談を募集しています詳しくはこちら