アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

子宮がん

家族

子宮がん 20歳 女性 

がんと診断されて、本人はもう死ぬと思い手術を拒否した。手術しないのなら、私も一緒に死ぬといい、泣きながら説得した。私や、弟がまだ学生だったので、大変だった。母子家庭で、母が働いていたので、経済的なことや、日常生活もパニックになった。病院に私が泊まりこみ、看病しながら病院から大学に通った。手術後も大変だったが、治るという希望が持てて恐怖から立ち直れた。医師や病院のスタッフのなにげない明るい言葉が、とても励みになった。

勇気づけられた言葉、場面

大丈夫、もう悪いところはないよ。

-手術後医師から、病室で。その後、定期健診のたびに同様に励ましてくれた。

投稿時 :
 がんの治療を終了 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら