アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

皆さんからの体験談

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

喉頭・咽頭がん

家族

喉頭・咽頭がん 39歳 女性 

放射線治療で口の中が荒れて何を食べても痛がるし、味が分からないと言われたこと。週末に外泊してくるたびに何の料理を出したら良いのか不安だったが、鍋にしたら食べてくれてホッとしたのを覚えてる。

勇気づけられた言葉、場面

できるだけ顔を見せて、いつもと変わりなく接したり、治療後の旅行や家族で過ごす時間について、希望が出てくるような話題を提供することは、気分が和らぐのではないか。

-職場の友人から、疲労感がにじみ出ているのはどうして?と質問され、現在の状況を打ち明けたときに話してくれた言葉。

投稿時 :
 がんの治療を継続中 

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら