障害年金

kokuminnenkin kouseinenkin

【活用タイミング】
がんの治療〜

がんを含む病気やケガで障害が残った方の生活を支える年金

病気やケガによる初診日から1年6ヵ月を経過した日(障害認定日)に障害状態にあると認定された場合などに、年金が受給できる制度です。障害年金は障害認定日の翌月分から受け取ることができます。進行する病気であるがんの患者さんでは1年6ヵ月以降に症状が悪化して障害状態になる場合も多いですが、その場合も認定されれば請求日の翌月分から受給できます(事後重症による請求)。また、人工肛門造設や尿路変更術、新膀胱造設、喉頭全摘出などの手術をおこなった患者さんの場合は、1年6ヵ月より前でも障害認定日とされる可能性があります。

社労士 清水公一さんの “ここがポイント”

がんによって身体に障害が生じた場合も障害年金の対象となることはあまり知られていないため、認定基準を満たしていても申請手続きをしていないがん患者さんが多く、また、障害年金に対してのがんを診療する医師の認知度も低いのが現状です。がんによる障害の程度(等級)は、組織所見とその悪性度、一般検査及び特殊検査、画像検査等の検査成績、転移の有無、病状の経過と治療効果等を参考にして、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定されます(障害者手帳とは別の認定基準です(表1))。また、病状の悪化や倦怠感などのため気力が奪われ、いざ障害状態になったときに申請手続きができない場合も多いようです。私自身は社会保険労務士のサポートを受けて受給することができました。障害年金は申請しても認定されない場合がありますが、障害がある方の生活を支える重要な制度ですので、障害状態に該当すると思われたら、早めに障害年金に詳しい社会保険労務士、がん相談支援センター、年金事務所などに相談してみるとよいと思います。請求手続きと審査を合わせると、実際に年金が支給されるまで半年ほどかかるケースが多いです。
注意点として、同じ疾患で障害厚生年金と傷病手当金を重複して受給することはできません。したがって障害厚生年金の受給が始まると調整が行われ、傷病手当金の一部あるいは全額が支給停止されます。ただし手続き上、重複して受給する期間が発生することが多く、その場合、支給された傷病手当金を併給月分まとめて保険者に返還する必要があるので注意が必要です。障害基礎年金と障害厚生年金の合計の日額より傷病手当金の日額が多い場合は、傷病手当金から差額分のみが支給されます(図1)。実際には障害基礎年金と障害厚生年金の合計日額より、傷病手当金の日額が多いことがほとんどです。障害基礎年金のみ受給の場合は傷病手当金と障害基礎年金の両方が支給されます(図2)。

表1 がんでの障害年金の認定基準

表1 がんでの障害年金の認定基準
Cancer Work-Life Balance「がんでの認定基準をわかりやすく解説

図1 障害厚生年金を支給される場合の傷病手当金支給額の調整
〇傷病手当金より障害年金のほうが少ないケース

傷病手当金 日額:8,500円(標準報酬月額38万円)
障害基礎年金2級+障害厚生年金2級 日額:5,500円(年金額約198万円)
表1 がんでの障害年金の認定基準

傷病手当金が8,500円支給されているときに、障害基礎年金と障害厚生年金が支給されると、傷病手当金8,500円のうち障害基礎年金+障害厚生年金の合計額5,500円が優先して支給され、傷病手当金のうち5,500円が支給停止になります。差額分3,000円は支給されます。

〇傷病手当金より障害年金のほうが多いケース

傷病手当金 日額:4,000円(標準報酬月額18万円)
障害基礎年金2級+障害厚生年金2級 日額:5,000円(年金額約180万円)
〇傷病手当金より障害年金のほうが多いケース
傷病手当金が4,000円で障害基礎年金+障害厚生年金が5,000円だった場合は、傷病手当金4,000円が全額支給停止になり、障害基礎年金+障害厚生年金5,000円が全額支給されます。

Cancer Work-Life Balance「傷病手当金と障害年金は同時にもらえるの?

図2 障害基礎年金のみ支給される場合

傷病手当金 日額:8,500円(標準報酬月額38万円)
障害基礎年金2級 日額:2,100円(年金額約78万円)
障害基礎年金のみ支給される場合
傷病手当金と障害基礎年金をすべて受け取れるので、傷病手当金が8,500円で障害基礎年金が2,100円だった場合は、日額10,600円が支給される計算になります(実際の支給は月単位です)。

Cancer Work-Life Balance「傷病手当金と障害年金は同時にもらえるの?

制度についての詳細は、用語について「障害年金」をご参照ください。