長期療養者就職支援事業

zenin

【活用タイミング】
がんの治療〜

専門相談員から治療状況をふまえた就職支援が受けられる

がんなどの病気により長期にわたる治療を受けながら就職を希望する方を対象に、ハローワークの専門相談員(就職支援ナビゲーター)が患者さんの希望や治療状況・経過をふまえた職業相談や職業紹介、職場定着支援をおこなっています。

社労士 清水公一さんの “ここがポイント”

がんの診断時、治療開始前まで、治療開始後のすべての段階において、がん患者さんは就労継続が困難と感じたり、治療・療養に専念する必要があると考えて仕事を辞めたり、依頼退職・解雇などの理由で仕事を辞めざるを得なくなったりすることがあります。また、長期にわたって通院と治療を続ける患者さんでは、体調に配慮した働き方が必要となることもあります。長期療養者就職支援事業では、仕事を辞めた患者さんの再就職だけでなく、在職中の方の就労継続の支援もおこなっています。
ハローワークの専門相談員は、がん診療連携拠点病院のがん相談支援センターで出張相談も実施していますので、在職中や退職後にかかわらず仕事と治療の両立に悩むときは、がん相談支援センターを訪れてみることをおすすめします。
がん情報サービス「がん相談支援センターを探す国立がん研究センター がん情報サービス

制度についての詳細は、以下をご参照ください。
厚生労働省「長期療養者就職支援事業(がん患者等就職支援対策事業)