代表  清水 公一
代表 清水 公一
社会保険労務士事務所
Cancer Work-Life Balance

一人で悩まずに相談してみませんか?

この時期は治療のことだけではなく、仕事のことや家庭のこと、お金のことなど考えなければいけないことがたくさんあり、一人で悩んでしまっている方もいらっしゃるかもしれません。主治医やその他の医療従事者、家族、友人などの周囲の人に相談するのもよいですが、「がん相談支援センター」に相談してみるという方法もあります。
「がん相談支援センター」はがん診療連携拠点病院などに設置されている、がん患者さんやご家族のための相談窓口です。がん専門相談員が、がんの治療や療養生活などに関するさまざまな相談を無料で受け付け、医療や社会制度などの情報を提供したり、問題の解決を支援したりしています。病院によっては看護師や医療ソーシャルワーカーなどの専門職が対応しており、主治医と連携をとって治療状況を把握したうえで相談にのることも可能です。
また、働いているがん患者さんが、会社とどのように休職や復職の話をしたらよいかを相談することもできます。医療ソーシャルワーカーが治療状況をふまえて休職願の書き方を教えてくれたり、主治医と連携をとって診断書を準備してくれたり、会社の上司や産業医との間に入り連絡をとってくれたりすることもあります。治療の過程で休職あるいは復職をすることになった際、がん相談支援センターの支援を受けるのはとても有意義だと思います。一人で悩まずぜひ相談してみてください。

「がん相談支援センター」については「治療の場所とそれに関わる人たち」もご参照ください。

がん情報サービス「がん相談支援センターを探す国立がん研究センター がん情報サービス