代表  清水 公一
代表 清水 公一
社会保険労務士事務所
Cancer Work-Life Balance

主治医と会社をうまくつないで、
仕事と治療の両立を目指しましょう

治療開始からフォローアップ以降の時期には、がん患者さんは休職と復職をくり返すことがあります。このとき、どのように主治医と勤務先の会社等をつなぐかが大切になります。
休職や復職に必要な診断書・意見書の作成において主治医が就業可否を判断するためには、患者さんの実際の仕事内容、勤務形態、通勤方法・時間といった具体的な勤務情報を主治医に適切に伝えておく必要があります。また、勤務先が職場復帰する患者さんに必要な就業上の措置を講じることができるよう、診断書・意見書には就業可否だけでなく、職場で配慮すべきことなどを具体的に記載してもらう必要があります。
しかし、主治医と勤務先の間の情報共有を進めるのは簡単なことではないでしょう。厚生労働省からは「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」が提案され、下記の勤務情報提供書や意見書の様式例も紹介されています。

主治医や勤務先が特定の様式をもっていないようであれば、このような様式例を利用するとよいでしょう。またガイドラインでは、主治医の意見書などをもとに会社が作成する「両立支援プラン/職場復帰支援プラン」の作成例も紹介されていますので、これらも参考に、勤務先と話し合いながら治療と仕事の両立・職場復帰の形をさぐっていきましょう。

参考:
厚生労働省ホームページ
事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン(令和3年3月改訂版)