アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

  1. HOME
  2. 伝える
  3. 情報ボックス
  4. 皆さんからの体験談

皆さんからの体験談|子宮がん

子宮がんには子宮下部の筒状の子宮頸部に発生する「子宮頸がん」と上部の袋状の子宮体部に発生する「子宮体がん」があります。子宮頸がんは発見しやすく、比較的治療が容易ながんです。がんになる前の「異形成」と呼ばれる状態では無症状ですが、進行してがんになると出血やおりものが多くなります。さらに進むと下腹部に痛みを感じたり、尿や便に血が混じったりします。1年間に10万人あたり16.5人が子宮頸がんと診断され、20歳代後半から40歳代にかけて患者数が増えていきます。発生要因の多くはヒトパピローマウイルスの感染です。治療法には手術、放射線治療、薬物療法があり、進行度や状態から選択され、複数の治療法を組み合わせる場合もあります。

子宮体がんは子宮内膜に発生するがんで、子宮内膜がんとも呼ばれます。症状は出血が最も多く、その他には排尿時や性交時の痛み、下腹部の痛みなどがあります。進行すると腹部の膨満感が出てくることもあります。発症リスクを上げる要因としては、「出産していない」「閉経時期が遅い」「肥満」などがあり、これらは共通して女性ホルモンであるエストロゲンが長期にわたって子宮内膜を刺激していることによるものです。一方、糖尿病や遺伝などエストロゲンとは無関係に発症することもあります。子宮体がんと診断されるのは1年間に10万人あたり22.8人。40歳代から増加し、50歳代が最も多くなります。治療法は手術で子宮と卵巣・卵管を切除することが基本です。

出典:
国立がん研究センター がん情報サービス「それぞれのがんの解説」
国立がん研究センター がん情報サービス「がん登録・統計」(2015年)

子宮がん

がん種はメニューから絞り込みができます。

絞り込み検索

ご覧になりたい項目をチェックし検索ボタンを押してください。

分類
年齢
性別

がんの状況

気になること

検索結果一覧
全19件 1〜10件を表示
患者
子宮がん 32歳 女性 上記以外の医療従事者
半年前に子宮体がんと宣告されました。
仕事にも慣れてきたし、また、恋愛して結婚したい、子どもは3人欲しいとずっと思っていた私にとって、女性であること、生きる意味すら否定されたような気持ちでした。なんのために生まれてきたか、どう生きていきたいか考えるきっかけになりました。
若いの・・・
患者
子宮がん 37歳 女性 看護師
当時32歳。半年以上続く不正出血があり、婦人科クリニックにも通院していましたが出血が止まらなかったため、別の婦人科クリニックを受診しました。そのクリニックで医師より「子宮がんが疑われるため早急に精密検査を!」と言われ、紹介状を携えて総合病院を受診、細胞診とMRI検査により子宮体がんのステージV・・・
患者
子宮がん 56歳 女性 パート・アルバイト
子宮頸がんIV期と診断されてからもう10年経ちます。
術前抗がん剤治療、9時間の手術、術後の抗がん剤治療、腸閉そくでの入院、1年で8回入院しました。抗がん剤の副作用、術後の排尿障害のリハビリなどで大変つらい1年でしたが、再発無く、まずまず元気にしています。・・・
患者
子宮がん 33歳 女性 会社員
20代で子宮頸がんが見つかりました。いろいろな検査をし、まずは抗がん剤治療、その後手術で全摘しました。こころの準備ができていたわけでもないのに子どもをあきらめなくてはいけませんでした。
1週間に1度の抗がん剤治療は、治療開始前から吐き気があり、安定剤をもらいながらおこないました。腫瘍を・・・
患者
子宮がん 45歳 女性 パート・アルバイト
先月、7年ぶりに市の婦人科検診を受けたところ、子宮頸がんの疑いで要検査との結果でした。病院で2週間前に再検査があり、1週間後の検査結果で高度異形成とのことでした。明後日手術します。それまで症状がなかったのに、最近は下腹や胃に鈍痛があり、進行しているのではないかと不安です。医療保険にも入っていな・・・
患者
子宮がん 39歳 女性 
がんだとわかった時、親に言う前に弟に話しました。独身で、どうして良いかもわからず、弟が会社を休んで病院に連れて行ってくれるといってくれました。手術前検査のときは、姉が遠いところから駆けつけてくれました。もちろん手術当日も。こうして、結婚してばらばらに生活していた5人家族が私のがんで集まりました・・・
家族
子宮がん 13歳 女性 
反抗期に入ろうとしている私には、母のがんという病気に対する不安とともに、抗がん剤の副作用である脱毛にも不安をもっていました。なぜなら私は人の目ばかりを気にしていたからです。自分の被害ばかりを恐れて、人の、ましてや一番大切な母を心配して励ましてあげることができなかった自分を悔しく思います。今から・・・
家族
子宮がん 20歳 女性 
がんと診断されて、本人はもう死ぬと思い手術を拒否した。手術しないのなら、私も一緒に死ぬといい、泣きながら説得した。私や、弟がまだ学生だったので、大変だった。母子家庭で、母が働いていたので、経済的なことや、日常生活もパニックになった。病院に私が泊まりこみ、看病しながら病院から大学に通った。手術後・・・
家族
子宮がん 25歳 女性 
母に全てまかせっきりだった自分を悔やみました。同時にすれ違いがちだった家族の連帯感が生まれて、がんと戦う母とそんな母をサポートしよう!という私たち家族が動き出したのです。・・・
患者
子宮がん 40歳 女性 会社員
今年2月、会社の健康診断で子宮頚がんが見つかりました。8年前に卵巣のう腫の手術もしており、またか・・・という気持ちはありましたが不思議とがんと告知されても動揺はしませんでした。広汎子宮全摘手術・リンパ郭清手術をしました。その後、今後の再発防止のため、放射線治療と毎日抗がん剤治療をしましたが、そ・・・

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら