みなさまの体験談|腎臓・副腎がん

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

腎臓・副腎がん

腎臓は腰の位置に左右一つずつあり、主な働きは血液をろ過し、尿にすることと、血圧や造血をコントロールするホルモンを生成することです。腎臓に関係するがんには、尿を作る腎実質の細胞ががん化する「腎細胞がん」、尿が集まる腎盂と尿を膀胱へ送る尿管にできる「腎盂・尿管がん」、腎臓の上部にある副腎に発生する「副腎がん」があります。一般に、「腎がん」とは「腎細胞がん」を指します。

腎細胞がんは進行すると血尿や背中・腰の痛みが出てきますが、特徴的な症状はありません。発生要因には喫煙と肥満があげられます。標準的な治療法は手術ですが、がんの進行状態により、薬物療法や放射線治療をおこなうこともあります。

腎盂・尿管がんの主な症状は血尿です。腰や背中に痛みを発生する場合もあります。発生要因には喫煙やフェナセチン含有鎮痛剤などがあり、フェナセチン含有鎮痛剤は現在使用されていません。主な治療法は手術です。
腎臓および尿管のがんと新たに診断された人は1年間に10万人あたり20.7人で、男性が女性の2倍以上多くなっています。

副腎がんは大きくなると腹痛や腹部膨満感といった症状が出ます。新たに診断される患者数は1年間に約390人と少なく希少がんの一つです。

出典:
国立がん研究センター がん情報サービス「それぞれのがんの解説」
国立がん研究センター がん情報サービス「がん登録・統計」(2015年)

全2件 1〜2件を表示(2022年12月更新)

  • 患者
    • がんの治療を終了し、定期的な検査通院中
    腎臓・副腎がん 60歳 女性 パート・アルバイト
    私はシングルマザーで四人の子供を育てて自分の体より子供の事を中心にして生活していました。2018年職場で胸椎骨折をして傷病手当てを貰いながら生活していましたが、持病の脊椎関節炎の悪化で障害年金と障害者手帳を取ろうとかかりつけの整形外科の医師に相談しました。障害年金についての診断書はその医師がか・・・続きを読む
  • 患者
    • がんの治療を継続中
    腎臓・副腎がん 59歳 女性 パート・アルバイト
    2008年6月にステージ4(IV期)のがんが見つかり、7月に手術をしましたが副腎の転移は切除できず残存のままです。標準治療を次々としてきました。腸閉塞でも2回入院し、重篤になり親族を呼ばれたこともありますが、復活しました。 現在は大学病院にて2週間ごとに免疫治療を受けています。
    残存の・・・続きを読む