みなさまの体験談|白血病

悩みや不安を抱えたときにどのようにがんと向きあえばよいのか。
自分らしくがんと向きあう患者さんやご家族の体験談・メッセージなどをご紹介します。

白血病

白血病は大別するとがん細胞が急速に増加する「急性白血病」とゆるやかに増加する「慢性白血病」の2つに分けられます。急性白血病には「急性骨髄性白血病(AML)」「急性リンパ性白血病」「リンパ芽球性リンパ腫」「急性前骨髄球性白血病」などがあり、慢性白血病には「慢性骨髄性白血病(CML)」「慢性リンパ性白血病」「小リンパ球性リンパ腫」などがあります。
このうち、急性骨髄性白血病は白血球のもとである骨髄芽球に遺伝子異常が起こり、がん化した白血球細胞が急激に増殖することで発症します。主な症状には貧血状態による息切れや動悸、感染による発熱、出血や出血斑など造血機能の障害から起こるものと、肝臓や脾臓の腫れ、歯ぐきの腫れや痛み、腰痛や関節痛など白血病細胞が臓器に浸潤することで起こるものがあります。発症要因は染色体や遺伝子異常による急性前骨髄球性白血病、放射線治療による二次性白血病以外は特定できていません。主な治療法は抗がん剤による薬物療法です。

慢性骨髄性白血病は、白血病全体の約20%を占める疾患です。造血幹細胞に異常が起こり、白血球が無秩序に増殖するものですが、進行には時間がかかります。初期には症状はほとんどありませんが、進行すると貧血、倦怠感、無力感などがあらわれます。発症要因の多くは染色体異常です。
1年間に初めて白血病と診断される人は10万人あたり9.7人。高齢になるほど増加します。
慢性骨髄性白血病の治療は分子標的薬による薬物治療が中心で、造血幹細胞移植術がおこなわれる場合もあります。

出典:
国立がん研究センター がん情報サービス「それぞれのがんの解説」
国立がん研究センター がん情報サービス「がん登録・統計」(2015年)

全3件 1〜3件を表示(2022年12月更新)

  • 患者
    • がんの治療を終了し、定期的な検査通院中
    白血病 28歳 女性 その他
    私は2019年1月に病気がわかりました。ぶつけてもいない所に青アザができるようになり、先輩達になんとなくそんな話しをしていたら「それって白血病じゃない?」と言われ、当時は海外で働いていた為、現地の病院を受診し、血液検査でわかりました。その時はあまりしっくりこなく、英語だったからかな?と思ってい・・・続きを読む
  • 家族
    • がんの治療を終了
    白血病 42歳 女性 
    主人は、すごく前向きな人です。こんな病気になっても、どうしても何がなんでも治ってやると言う自信がある様に入院中も外出届を出して昂然と仕事をしに来ていました。自営業ですので、主人がいないのは大変ですがそれなりにやろうと思えばやれる状態でしたが、本人の意思を尊重して黙って見ていました。ですが、お客・・・続きを読む
  • 患者
    • がんの治療を継続中
    白血病 13歳 男性 
    いつも怯えていた 自分の弱さ見せること
    常に強がっていた そして人を傷付けてた

    誰かを守りたい この夢をいつか掴みたいと
    強く願うキモチが僕を変えた

    生きる事に嫌気がさした夜も
    不安に負けそうになった朝も
    僕の心は割れる・・・続きを読む