アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

  1. HOME
  2. 伝える
  3. 情報ボックス
  4. 皆さんからの体験談

皆さんからの体験談|すい臓がん

膵臓は胃の後ろ側に位置し、消化液である膵液の分泌と血糖値をコントロールするインスリンなどのホルモンを分泌しています。
膵臓がんの90%以上は膵管に発生するため、「膵管がん」とも呼ばれています。早期では症状があまりあらわれないので発見することが難しく、進行すると腹痛や食欲不振、腹部膨満感、黄疸、腰・背中の痛みなどの症状が出てきますが、いずれも膵臓がんに特徴的な症状ではありません。また、糖尿病を引き起こす場合もあります。発生要因には慢性膵炎や糖尿病、肥満、喫煙などがあり、血縁者に膵臓がんを発症した人がいることもリスク要因になります。
1年間に新たに膵臓がんと診断される人は、10万人あたり29.5人。男女別では男性にやや多く、年齢別では60歳ごろから高年齢になるほど増えていきます。
治療はがんの進行度や体の状態などによって検討されます。標準的な治療法は手術、薬物療法、放射線治療です。治療は状況に応じていずれか単独か、複数の治療を組み合わせて(集学的治療)おこなわれます。

出典:
国立がん研究センター がん情報サービス「それぞれのがんの解説」
国立がん研究センター がん情報サービス「がん登録・統計」(2015年)

すい臓がん

がん種はメニューから絞り込みができます。

絞り込み検索

ご覧になりたい項目をチェックし検索ボタンを押してください。

分類
年齢
性別

がんの状況

気になること

検索結果一覧
全7件 1〜7件を表示
患者
すい臓がん 67歳 男性 その他
私はステージWの膵臓がんでしたが、今から4年前、2016年に奇跡的に手術ができました。その後抗がん剤は、家内からやめようと言われてやっていません。現在も3カ月ごとに大学病院に通院しています。再発はありません。しかし最近、腸閉塞で2週間入院しました。生きているのが不思議だそうです。・・・
患者
すい臓がん 68歳 男性 自営業(会社役員含む)
2019年8月にHbA1Cが7.2、9月に7.7、10月に8.2とうなぎのぼりとなり、担当の糖質制限医の先生に糖質の摂りすぎと注意されたので、「いや最近は1日に糖質は20g程度しか摂っていません、すい臓がくさっているのでは?一度精密検査お願いします」とお願いしました。その結果、血液検査で腫瘍マ・・・
患者
すい臓がん 61歳 男性 その他
2018年8月、お盆に健康診断を受けたところ、血糖値が異常に高いと結果が出ました。いままで血糖値も含めて超健康体で、たばこや酒も15年ぐらい止めていました。身長171cm体重は83kgとメタボ気味でしたが。仕事は土木関係の施工管理で肉体労働ではないけれど、1日10000歩から20000歩ほど歩・・・
家族
すい臓がん 49歳 女性 
平成17年春 進行性膵がんの告知を受けました。
当時46歳、約3年間がんばってこの春49歳で逝った主人のことです。

週1回抗がん剤の投与と毎日所要30分足らずの放射線療法を6週間受け、退院後は2週1休のペースで抗がん剤の投与を続けてきました。その結果、約1年半は腫瘍マ・・・
家族
すい臓がん 32歳 
今年の3月、母親がすい臓がんと告知され、市立病院で手術しその後抗がん剤治療を受けて、余命は最初6ヶ月と診断されました。しかし、父親や兄の懸命な努力と知り合いの医者のアドバイスにより現在、再入院し、痛みを極力抑える治療を受けています。僕も仕事を続けて何とか母の治療の手助けをしたい思いで、少ない給・・・
家族
すい臓がん 34歳 女性 
お母様が膵臓がんの方の体験談を読ませて頂きました。昨年早々、私の母(現58歳)も告知があり、余命2ヶ月と宣告されましたが、約4ヶ月の治療が終わり何とか退院できてその後も通院中でした。膵臓がんは今のところ奇跡的に(?)画像で見る限りは殆ど分からない状況まで治癒してますが、年末近くに肝転移が見つか・・・
患者
すい臓がん 46歳 男性 
96年秋の人間ドックの超音波検査で、膵臓に異常が見つかり、あれよあれよという間に翌春、東京の病院での摘出手術。 病院では、切ったら後のケアーはなく、回復期にかなり苦しみました。手術は、膵臓3分の2摘出、脾臓全摘出、胃も削ったとのことでしたが不明。術後3ヶ月で会社に復帰するも、通勤不能。

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら