アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

  1. HOME
  2. 伝える
  3. 情報ボックス
  4. 皆さんからの体験談

皆さんからの体験談|卵巣がん

卵巣がんは子宮の左右にある卵巣のがんです。発生する部位によって分類され、全体の約90%は卵巣表層にできる「上皮性腫瘍」です。進行するとがん細胞が腹膜に広がる腹膜播種を起こしたり、大腸小腸をおおう大網や大血管の周囲にある後腹膜リンパ節、大腸、小腸などに転移したりします。初期にはほとんど症状がありませんが、進行すると下腹部のしこりやお腹の張り、頻尿などの症状があらわれます。
排卵の回数が多いことが卵巣がんのリスクになるので、妊娠・出産の経験がないことや、初潮が早く、閉経が遅いなど月経のある年数が長いことはリスクが高くなる可能性があります。なお、卵巣がんの約10%は遺伝が関係していると考えられています。
1年間に10万人あたり16人が卵巣がんと診断され、患者数は40歳代から増え始め、50歳代前半から60歳代前半が最も多くなります。
治療は手術が基本で、腫瘍の切除とがんの組織の分類と、進行度の診断をします。卵巣がんの多くは発見された時点で進行しているので、ほとんどのケースで術後化学療法がおこなわれます。

出典:
国立がん研究センター がん情報サービス「それぞれのがんの解説」
国立がん研究センター がん情報サービス「がん登録・統計」(2015年)

卵巣がん

がん種はメニューから絞り込みができます。

絞り込み検索

ご覧になりたい項目をチェックし検索ボタンを押してください。

分類
年齢
性別

がんの状況

気になること

検索結果一覧
全9件 1〜9件を表示
患者
卵巣がん 47歳 女性 その他
15歳の夏、倦怠感とお腹のふくらみで3カ所の病院に行きました。まさか卵巣に原因があるとは誰も思わず、受験のストレスだろうと。15歳は小児科になるんですよね。処方される薬は精神安定剤や胃薬ばかり。それでもめまいやだるさ、食欲不振は続きお腹だけが膨らんでいき、4カ所目の内科のCTでがんがわかり県立・・・
患者
卵巣がん 60歳 女性 その他
10年前に卵巣がんを経験しました。腹部の異常とめまいで受診、がんの疑いで手術しました。麻酔から覚めて時計を見た瞬間にがんだったんだ、と。8時間後でしたから。その後の検査で明細胞癌でかなりの悪性だと言われました。抗がん剤治療の副作用は少なかったのですが精神的にかなり参ってしまい、抑うつ状態になり・・・
患者
卵巣がん 24歳 女性 会社員
私は2度の卵巣がん、卵黄嚢腫瘍を経験しました。
とはいっても1度目は5歳の時で殆ど記憶にありません。
当時は生理は勿論、性的知識もなかったですし、長い病院生活で他の子との違いを感じていた位です。

定期的に通院はしていましたが、幸い再発はしなかったし、あまり深くは・・・
患者
卵巣がん 25歳 女性 主婦
私は高校2年生の時卵巣がんになりました。
履いていた制服のスカートが急に履けなくなり、
そのまま病院へ行き卵巣摘出し、抗がん剤治療を受けました。
高校生の時は当たり前のように、化粧、茶髪、
そして生きるのが当たり前だった。
それが180度人生が変わり
患者
卵巣がん 35歳 女性 主婦
アメリカのフロリダ州に住んでいます。4年前の31歳の時、当時結婚したばかりでした。1ヶ月以上ダラダラとお腹が痛く、ある日、上向けに寝てお腹を触ってみるととても固い石のような物がありました。何かができいてると直感してすぐに病院へ行きました。内科でもわかりませんでしたが、2件目の総合救急病院で色ん・・・
患者
卵巣がん 42歳 女性 自営業(会社役員含む)
去年の6月、96歳の義母を看取り、一段落した翌月。足の付け根にしこりを見つけ、脂肪だろうと病院に行くとがんとわかり、義母の初盆の日に卵巣・子宮など9時間かけて摘出しました。その後半年間抗がん剤治療をし、現在は食事など自分でできるまでに回復しました。・・・
患者
卵巣がん 30歳 女性 
私が卵巣がんになったのは、25歳のときでした。下腹部に激しい痛みが起こり、救急車で運ばれ、そのとき右の卵巣にがんがあることがわかりました。通常、病巣が片方だけでも、両方の卵巣を摘出するのですが、私が未婚であることと年齢を考え、医師と相談した結果、左の卵巣は残すことにしました。

・・・
患者
卵巣がん 41歳 女性 
平成10年に会社で受診した子宮がん検診の際に、医師から腹部に大きな腫瘍があるようだから至急再診するように言われ、再診、総合病院へ通院などを経て、翌月には総合病院の産婦人科に入院していました。
医師の話から、腫瘍は赤ん坊の頭くらいあるとのことでした。高確率で悪性腫瘍であることが予測できま・・・
患者
卵巣がん 42歳 女性 
私は、今から12年前の30歳独身のまだ、OLだった時に卵巣がんになりました。 今は、再発もなく、術後12年が過ぎました。半年に1回、腫瘍マーカーの検査だけを5種類受けています。 当時のインフォームド・コンセントは実にアバウトで、今のように病名のはっきりしたステージや、病気の種別も説明してもらえ・・・

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら