アストラゼネカ

アストラゼネカ

文字サイズ

がんの患者さんやご家族の体験談、自分に最適ながん治療にたどり着くための情報を紹介しています

  1. HOME
  2. 伝える
  3. 情報ボックス
  4. 皆さんからの体験談

皆さんからの体験談|肺がん

肺の中に広がる気管支とその先にある肺胞の細胞ががん化するのが肺がんです。
多くの場合早期は無症状で、進行すると咳や痰、血痰、発熱などの症状があらわれます。しかし、肺がん特有の症状ではないため、判断がつきづらい場合もあります。がんの組織の状態をあらわす「組織型」の違いによって、「非小細胞肺がん」と「小細胞肺がん」の2つに分けられ、それぞれ治療法が異なります。
発生要因は喫煙との関係が深く、喫煙者は非喫煙者と比べ、発症リスクは男性で4.4倍、女性で2.8倍とする研究があります。また慢性閉塞性肺疾患(COPD)やアスベストなど有害な化学物質への曝露、PM2.5などの大気汚染によりリスクが高まると考えられています。
1年間に肺がんと診断される人は10万人あたり91.4人。男性の部位別死亡者数でワースト1のがんです。
治療法は非小細胞肺がんでは基本的には手術が適応され、進行度や状態によって薬物療法や放射線療法などが選択されます。小細胞肺がんの場合、手術による治療が可能な早期に発見できることが少ないため、主な治療法は薬物療法となり、放射線療法と組み合わされることもあります。

出典:
国立がん研究センター がん情報サービス「それぞれのがんの解説」
国立がん研究センター がん情報サービス「がん登録・統計」(2015年)

肺がん

がん種はメニューから絞り込みができます。

絞り込み検索

ご覧になりたい項目をチェックし検索ボタンを押してください。

分類
年齢
性別

がんの状況

気になること

検索結果一覧
全43件 1〜10件を表示
患者
肺がん 48歳 女性 主婦
2019年10月中旬、毎年受けている胸部X線で影を指摘され、CTを撮りました。肺がんの可能性ありと診断され、さらに大学病院を紹介されました。PET検査ではうっすら赤く光り、おそらくがんでは…と言われましたが、血液検査では何も反応がなかったので良性腫瘍かもと淡い期待を持ちました。
夫は、・・・
家族
肺がん 32歳 女性 会社員
父が肺がんになり、ステージWでした。息苦しくなっていたり、変な咳をし出した時に、もっと早く病院に行くように、促していれば良かったと思います。
病気を通じて、今まで反抗的だった態度も改めたり、家族の為、苦手な運転も、練習するようになりました。
そして、何気ない日常の中に幸せな事が・・・
患者
肺がん 68歳 男性 その他
64歳の時に定期健診で受けたCTで、右肺7mm、左肺は縦郭に14mmの腫瘍があると分かった。細胞を取って調べるために手術を受け、至急検査の結果がんとのこと。その後、手術を続けて右肺下葉部位を切除、左縦郭がんは殆ど壊死していたがリンパ節を切除し、後日細胞診で、右、左肺は同じがんだとして、ステージ・・・
患者
肺がん 58歳 男性 会社員
2019年9月に肺がんステージ3B(IIIB期)が発覚。12月に左肺上葉摘出手術で現在に至る。
2019年6月末頃から咳が治らず、8月末に近くの病院でX線検査とCT検査を受け、医師より咳の原因は肺がんの可能性が高く紹介状を出すので早急に大きな病院に行くように伝えられました。突然の肺がん・・・
患者
肺がん 64歳 男性 会社員
44歳だった1999年7月7日の会社の定期健診で、肺に影がみつかり、すぐ自宅の近くにある総合病院に行きました。呼吸器内科での診断は、右肺上葉切除で、8月に入院して摘出しました。摘出部分の診断で、「同じ臓器内に転移あり」ということで、入院を継続して、約4週間抗がん剤治療を受けて9月に退院しました・・・
患者
肺がん 51歳 男性 会社員
2019年3月、健康診断で肺腫瘍、すりガラス状結節、要精密検査となる。
仕事が忙しく、半年放置してしまう。
自覚症状はなかったので、高を括っていた。
しかし、いつでも頭から離れる事はなかった。
その後、がん専門病院を受診、信頼できる医師に出会えた。
9月・・・
患者
肺がん 45歳 男性 会社員
現在45歳。39歳の時に会社の健康診断で疑われ、市内の市立病院で発覚。札幌の病院に入院。独身、一人暮らしだから入院の準備もすべて自分で行なった。札幌にて親と合流。手術・抗がん剤治療と続く。家族・親戚にもがん患者がいないため具体的な知識を持ったものが誰もいないから、親類一同みな不安のみでした。で・・・
患者
肺がん 49歳 男性 会社員
がんを宣告された時はかなり落ち込みが激しく、妻の前で泣き崩れてしまった。初めてのことであった。しかしながら、まだなんの治療もまたその方針も決まっていないわけであり、気持ちを強く持って対峙していったと記憶している。・・・
患者
肺がん 57歳 男性 会社員
入院初日夜、自分自身が病気になって、他の人に代わってもらえない。自分自身の問題と覚悟ができた。ある程度の心に準備ができた。・・・
家族
肺がん 41歳 女性 会社員
検査の結果を聞く際に、自分ひとりで結果を聞くとかはやめてほしい。がんと聞くと本人だけではなく、家族もダメージを受けるので心に余裕のある人はいないと思うが、一人で抱え込み勝手な判断は家族をそれ以上に苦しめるので…・・・

皆さまの体験が誰かの生きる力になります

皆さまからの体験談を募集しています

体験談を投稿する

掲示板

自分らしくがんと向き合うために

患者さんやご家族の方が情報交換いただる掲示板です

詳しくはこちら